ドコモ光のプロバイダ速度ランキング!21社で最も速いのはどこ?

PR
「ドコモ光のプロバイダ速度ランキング!」のアイキャッチ
この記事で解決できる疑問
  • ドコモ光の速いプロバイダは?
  • プロバイダの速度比較ポイントは?
  • プロバイダの速度ランキングは?

ドコモ光はプロバイダが21社あり、それぞれ速度が異なります。日々のネット利用をストレスなく楽しむなら少しでも速いプロバイダを利用したいですよね。

しかし、プロバイダの速度を比較するといっても比較方法がわからないことに加え、速度だけで選ぶと特典などで大きく損をしてしまいます。

この記事ではドコモ光のプロバイダ21社の速度を徹底調査して、ランキング形式で紹介しています。速度重視で選びたい人はぜひ参考にしてください。

ドコモ光の一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
⇒ドコモ光はGMOとくとくBBが最もお得!
当サイト限定51,000円還元&工事費無料
最大10Gpbsでインターネットが快適に使える
・ドコモのスマホ料金が毎月1,100円安くなる
・開通までの期間モバイルWiFiを無料レンタル
当サイト限定!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
51,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
11月1日~30日までの期間限定!
抽選200名へ更にPayPayポイント5千円が当たる!
【GMOとくとくBB】
3日間限定でキャッシュバック増額中
GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中▶GMOとくとくBBの窓口
藤本(ヒカリク編集部)

セールスを4年経験したあとに、ヒカリクのライターに転向。インターネットに関する専門的な内容をわかりやすく解説することが得意。

目次

ドコモ光のプロバイダ回線速度ランキング

ランキングのイラスト

順位 プロバイダ 平均速度
(下り)
Ping値
1位 ドコモnet 312Mbps 18.2ms
2位 GMOとくとくBB 303Mbps 20.2ms
3位 ぷらら 288Mbps 20.9ms
4位 エディオンネット 285Mbps 24.8ms
5位 Asahiネット 278Mbps 16.4ms
6位 OCN
インターネット
274Mbps 19.0ms
7位 BIGLOBE 271Mbps 18.4ms
8位 BB.excite 258Mbps 47.1ms
9位 DTI 257Mbps 16.4ms
10位 @TCOM 250Mbps 18.6ms
11位 タイガースネット 243Mbps 22.0ms
12位 @nifty 212Mbps 15.8ms
13位 andline 193Mbps 19.7ms
14位 楽天ブロードバンド 173Mbps 26.1ms
15位 WAKWAK 139Mbps 16.4ms
16位 hi-ho 123Mbps 57.8ms
TNC※ 443Mbps 13.9ms
シナプス※ 282Mbps 35.3ms
TikiTiki※ 265Mbps 31.4ms
ICネット※ 175Mbps 25.5ms
SIS※ 135Mbps 30.9ms
@ネスク※ 67Mbps 14.1ms
ちゃんぷるネット※ 14Mbps 42.0ms

数値は「みんなのネット回線速度(みんそく)」という、利用者が回線速度を計測・投稿できるサイトを参照しています。

※のついたプロバイダは、利用者の投稿者数が少なく、みんそくのドコモ光のプロバイダ速度ランキングに掲載されていません。十分なサンプルが取れておらず、数値の信憑性が低いのでランキング圏外としています。

ドコモ光最速のプロバイダはドコモnet

ドコモネット

ドコモ光のプロバイダで最速なのはドコモnetです。平均速度が300Mbpsを超える数少ないプロバイダで、ドコモ光の中ではGMOとくとくBBのドコモnetの2社しかありません。

速度の遅延を表すPing値も優秀で、これも全体で5位にランクインしています。総合的に見て通信の品質がかなり良いです。

NTTドコモが運営しているプロバイダで、公式ということもあり、通信品質に力を入れているのかもしれません。

藤本さん 藤本
2023年7月1日にドコモnetは新規受付を停止しました。NTTドコモ内のプロバイダを統廃合したためです。「ドコモnet」「ぷらら」「OCN」を統合して今後は「OCN インターネット」1つになります。

他のプロバイダも快適な回線速度の基準は満たしている

「光回線の快適な回線速度の目安は100Mbps」のイラスト

100Mbps以上 ・複数端末で同時に4K動画を再生可能
・対人のオンラインゲームを楽しめる
・複数人でビデオ会議が可能
50~100Mbps ・ビデオ会議が可能
・非対人のオンラインゲームが遊べる
30~50Mbps ・同時に複数端末でHD動画を再生可能
10~30Mbps ・複数のYouTube動画を同時再生可能
5~10Mbps ・YouTube動画を再生可能
3Mbps ・Webサイトを閲覧できる
・LINEやSNSの利用できる

参考:Googleのヘルプページ

ドコモnet以外のプロバイダも、概ね快適な回線速度の基準は満たしています。

一般的に快適な回線速度の目安は100Mbpsで、この程度あれば動画視聴や対人のオンラインゲームでもストレスなく利用できます。

ドコモ光のプロバイダは基本的にこの基準を満たしています。快適に利用できるという点で見ると、どのプロバイダを選んでも問題ありません。

ゲームをプレイするならPing値も重要

Ping値が高くてゲームで負けているイラスト

順位 プロバイダ Ping値
1位 @nifty 15.76ms
2位 DTI 16.35ms
3位 Asahiネット 16.36ms
4位 WAKWAK 16.44ms
5位 ドコモnet 18.17ms

Ping値とは

Ping値とは通信の応答速度を表す数値で、サーバーと端末の通信にかかる時間を表しています。単位は「ms(ミリセカンド)」で、数値が小さいほどラグが少なくなります。

プロバイダの回線速度に注目するのも大事ですがゲームをプレイするならPing値も重要です。Ping値が小さいほうがラグなくゲームを遊べるからです。

ドコモ光のPing値ランキング1位は「@nifty」で15.76msです。@niftyは回線速度ランキングでは12位と上位ではないですが、Ping値では優秀です。

この反対に、回線速度は速くてもPing値は残念ということもあります。速度だけ見て回線を選ぶと、ラグに悩まされることになるので、ゲームをプレイする人はPing値にも注目しましょう。

快適なPing値の目安は30ms以下

オンラインゲームが快適にプレイできるPing値の目安

15ms以下 ・FPSやTPSゲームが快適に遊べる
・格闘ゲームが快適に遊べる
15~30ms ・アクションゲームが快適に遊べる
・MMOゲームが快適に遊べる
30~50ms ・動画再生がストレスなくできる

FPSや格闘ゲームなど瞬時の反応が求められるゲームなら15ms以下が望ましいです。他のジャンルなら30ms以下もあれば十分です。

また、ブラウジングや動画視聴といったゲーム以外の用途なら、50msあれば問題ありません。

Ping値が低いほどゲームが快適にプレイできます。対人オンラインゲームを頻繁に遊ぶ人は、Ping値を重視して光回線を選びましょう。

関連記事

▶ゲームにおすすめの光回線を徹底解説!

ドコモ光おすすめプロバイダランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
高性能ルーターが無料レンタル
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中キャンペーンページはこちら
OCNインターネットのロゴ 新規で10ギガなら55,000円還元
1ギガはWi-Fi 6対応ルーターがタダ
セキュリティソフトが12ヶ月無料 キャンペーンページはこちら
@niftyのロゴ 無条件で2万円キャッシュバック
セキュリティソフトが12ヶ月無料
受け取りまで8ヶ月かかる キャンペーンページはこちら

ドコモ光で平均速度の速いプロバイダを選ぶポイント

ポイント一覧

  • ・高速規格に対応しているプロバイダを選ぶ
  • ・回線速度は実測値で比較する
  • ・レンタルルーターの性能で比較する
  • ・速度を求めるなら10ギガ対応から選ぶ

v6プラスやOCNバーチャルコネクト(IPoE)に対応しているプロバイダを選ぶ

IPv6の説明

v6プラス/OCNバーチャルコネクト(IPoE)とは
v6プラスやOCNバーチャルコネクト(IPoE)とは、回線の混雑する箇所を回避することでいつでも安定して高速通信ができる仕組みのことです。

前提として、光回線の通信方式は「IPv4接続(PPPoE)」と「IPv6(IPoE)」の2つがあります。例えると、道路が狭く混雑しやすいのがIPv4、道路が広くて常に空いているのがIPv6です。

回線速度の低下やラグの発生は、回線が混雑することが原因です。しかし、高速規格を使うと、常に空いている道路だけを利用してインターネットに接続できます。

ドコモ光で速いプロバイダを選ぶなら高速規格に対応しているところを選びましょう。通信が安定して、混雑している時間でも快適に利用できるようになります。

v6プラス/OCNバーチャルコネクト(IPoE)は次世代の通信規格で、通信の混雑するところを避けて速度低下が発生しづらくなる仕組みです。

非対応プロバイダの場合は利用者の多い時間に遅くなる可能性があります。

関連記事

▶ドコモ光でIPv6を利用するための設定方法

高速通信規格に対応しているプロバイダ

利用できるプロバイダ

GMOとくとくBB、OCN インターネット、ビッグローブ、@nifty、タイガースネット、andline、hi-ho、SIS、DTI、BB.excite、エディオンネット、アイシーネット、ネスク、TikiTiki、@TCOM、WAKWAK、ちゃんぷるネット、Asahiネット、※ドコモネット、※ぷらら、※OCN
※は新規申し込み終了

利用できないプロバイダ

楽天ブロードバンド、シナプス、TNC

v6プラスやOCNバーチャルコネクト(IPoE)に対応しているプロバイダは21社中18社です。楽天ブロードバンド、シナプス、TNCの3社では利用できません。

高速通信規格は日頃の通信環境に大きく影響を与えます。少しでも快適に利用したい場合は、対応プロバイダの中から選ぶようにしましょう。

回線速度は実測値で比較する

「ネット回線 速度」のアイキャッチ

プロバイダの速度を比較する時は、実測値で比較するようにしましょう。最大速度を比較しても、ドコモ光回線内では違いがありません。

また、光回線は実際の利用では最大速度に近い値が出ることはありません。ドコモ光の最大速度は1Gbpsですが、プロバイダの平均速度は速くても300Mbps程度です。

最大速度はあくまで理論値で、端末のスペックや回線の混み具合など、すべての条件が理想だったときの数値だからです。

レンタルルーターの性能で比較する

ルーターのスペック比較ポイント

  • ・ルーターの最大速度が速い
  • ・v6プラスの接続方式に対応している

ドコモ光にはルーターレンタル特典を無料で実施しているプロバイダが多数あります。レンタルルーターの性能はそれぞれ異なるため速度を意識するなら性能に注目するのが重要です。

ルーターのスペック次第では、回線速度が遅くなる可能性もあるからです。また、レンタルで高性能な端末を借りられるなら、自分で購入する手間も省けます。

ルーターを比較する場合は、ルーターの最大速度とv6プラスの対応状況を確認しましょう。上記の2つの項目は速度に大きな影響を及ぼします。

藤本さん 藤本
最速のプロバイダのドコモnetはルーターレンタルがありません。ドコモnetでは自分でルーターを用意する必要があります。

プロバイダで無料レンタルできるWiFiルーターの性能比較

最大速度 高速通信規格
(v6プラスなど)
GMO
とくとくBB
4,804Mbps 対応
OCN
インターネット
2,402Mbps 対応
アイシーネット 1,301Mbps 対応
@nifty 867Mbps 対応
ビッグローブ 867Mbps 対応
hi-ho 867Mbps 対応
ぷらら 867Mbps 対応
タイガース
ネット
866Mbps 対応
ちゃんぷるネット 300Mbps 対応
andline 不明 対応

上記の表は無料でWiFiルーターをレンタルできるプロバイダと、ルーターの最大速度をまとめたものです。

最も高スペックなのは「GMOとくとくBB」です。レンタルルーターの最大速度が最も速いので、ストレスなく通信ができます。

ちなみに、ぷららのレンタルルーターは複数からランダムで提供されます。最大速度867Mbpsの端末が多いですが、運が悪いと低スペックなものが届く可能性があります。

関連記事

▶ドコモ光×GMOのルータースペック詳細

速度を求める可能性があるなら10ギガ対応から選ぶ

ドコモ光10ギガ対応プロバイダ

契約した後に、より高速な回線が欲しくなるかもという人は10ギガプラン対応の回線から選ぶのがおすすめです。

FPSなどのオンラインゲームをプレイする人、大容量なファイルのやり取りが多い人は、10ギガプランで通信状況の改善が見込めます。

非対応プロバイダの場合、10ギガにプラン変更とプロバイダの変更手続きが両方必要になります。最初から10ギガ対応プロバイダなら、手続きが1つ少なく済みます。

速度だけでなくキャンペーン内容も重要

ドコモ光のルーターはプロバイダから無料レンタルするのがおすすめ!なことをあらわしたイラスト

光回線 特典
GMOとくとくBBのロゴ 51,000円キャッシュバック
・WiFiルーター無料レンタル
・開通までモバイルWiFi無料
・開通工事が無料
・設定サポートが初回無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料
▶ドコモ光×とくとくBBの詳細
OCNインターネット 新規で10ギガなら55,000円還元
・Wi-Fi 6対応ルーターが無料(1ギガのみ)
・設定サポートが初回無料
・セキュリティソフト12ヶ月無料

本記事では速度に注目して解説をしていますが、実際にプロバイダを比較する際はキャンペーン内容も重要です。上表はキャンペーン内容が充実しているプロバイダです。

ドコモ光はプロバイダによってキャンペーン内容が大きく異なります。窓口次第では51,000円のキャッシュバックや、ルーターレンタルなどお得な特典がたくさんあります。

関連記事

▶ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?
▶ドコモ光のキャンペーン窓口比較!

回線速度重視のおすすめのプロバイダ3選

速度重視!のイラスト

プロバイダ 特徴
プロバイダGMOとくとくBB▼詳細 v6プラスに対応している
速度がドコモ光の中で2番目で速い
51,000円の高額キャッシュバック
レンタルできるルーターが高スペック
ドコモ光のプロバイダOCNインターネット▼詳細 OCNバーチャルコネクト(IPoE)に対応
新規で10ギガなら55,000円還元
Wi-Fi 6対応ルーターが無料(1ギガのみ)
ドコモnetのロゴ▼詳細 v6プラスに対応している
ドコモ光のプロバイダで最速
公式プロバイダだから安心
※新規受付停止

GMOとくとくBB|回線速度が速いうえに特典が充実している

プロバイダGMOとくとくBB

戸建て マンション
平均速度(下り) 300Mbps 299Mbps
平均速度(上り) 280Mbps 310Mbps
Ping値 20.37ms 19.49ms
キャッシュバック 51,000円
おすすめポイント v6プラスに対応している
速度がドコモ光の中で2番目で速い
51,000円の高額キャッシュバック
無料のレンタルルーターが高スペック

ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのはGMOとくとくBBです。回線速度がドコモ光のプロバイダで2番目に速く、特典が充実しているからです。

v6プラスに対応していることで、通信が混雑する時間でも通信が安定します。夜間や休日にネットを使う機会が多い人には大きなメリットです。

また、レンタルできるルーターのスペックも最も高いです。上述しましたが、GMOとくとくBBのものが最も対応速度が速いルーターを提供しています。

GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーター
型番(メーカー) 転送速度 LANポート数
Archer AX5400
(TP-Link)
最大4,804Mbps 4
Aterm WX3600HP
(NEC)
最大2,402Mbps 4
WRC-X3200GST3-B
(ELECOM)
最大2,402Mbps 4

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番お得

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ④開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑤他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • 7/21まで限定キャンペーン実施中
  • ④高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③11/30まで期間限定キャンペーン実施中
  • ④性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元

ドコモ光を契約するなら「GMOとくとくBBの当サイト限定窓口」にしましょう。全窓口で最も高額な51,000円のキャッシュバックがオプション不要でもらえるからです。

さらに7月21日までの期間限定で、キャッシュバックが1,000円増額になるボーナスキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに11月1日~30日の期間限定で、抽選で200名にPayPayポイント5,000円分が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBB大感謝際!抽選で200名にPayPayポイント5,000円分プレゼント

お得にドコモ光を契約したい人は、還元額が圧倒的に高く、受け取りのハードルが低いGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中限定キャンペーンサイトを見る

OCN インターネット|ドコモと同じNTTグループが運営するプロバイダ

OCNインターネット

戸建て マンション
平均速度(下り) 285Mbps 280Mbps
平均速度(上り) 225Mbps 227Mbps
Ping値 19.55ms 17.53ms
キャッシュバック 最大55,000円(10ギガ)
おすすめポイント OCNバーチャルコネクト(IPoE)に対応
dポイント最大17,000pt(10ギガ)
dポイント最大2,000pt(1ギガ)
Wi-Fi 6対応ルーターが無料(1ギガ)
新規で10ギガなら55,000円還元

OCN インターネットはドコモと同じNTTグループが運営するプロバイダです。国内プロバイダとして最大手で、大規模な設備を持っています。

実際に平均速度が274Mbps、Ping値が19.0msあるので、安定して高速通信が可能です。高速通信規格にももちろん対応しています。

また、特典が充実しているのも魅力です。最大55,000円のキャッシュバックに加え、高性能なレンタルルーターも無料で提供しています。

関連記事

▶OCN インターネットの月額料金や初期費用は?
▶OCN インターネットの工事の詳細は?

ドコモnet|ドコモ光で最速のプロバイダ【新規受付停止】

ドコモネット

戸建て マンション
平均速度(下り) 373Mbps 391Mbps
平均速度(上り) 333Mbps 377Mbps
Ping値 19.34ms 15.13ms
キャッシュバック なし
おすすめポイント ・ドコモ光のプロバイダで最速
・公式プロバイダだから安心
・v6プラスに対応している

ドコモネットはNTTドコモが提供しているプロバイダです。運営会社がドコモ光と同じなので、問い合わせが一本化できるという大きな特徴があります。

ドコモ光のプロバイダの中で最速で、300Mbpsを安定して超える速度で利用できます。また、v6プラスに対応しているので混雑する時間でも安心して利用できます。

藤本さん 藤本
ドコモnetは2023年7月1日に新規受付を停止しました。NTTドコモ内のプロバイダ統廃合の影響です。ドコモ公式が運営するプロバイダは「OCN インターネット」です。

【デメリット】ルーターのレンタル特典はない

ドコモnetはルーターのレンタル特典がありません。自分で用意しないとWiFiの利用ができないため、大きなデメリットです。

自分で用意するとなると無駄な出費が増えますし、高速通信規格に対応したものでないと思うように速度が出ません。詳しくない人には何を買えば良いのか難しいです。

ドコモ光はルーターのレンタルを実施しているプロバイダがたくさんあります。余計な出費なく利用したい人は他のプロバイダを選びましょう。

プロバイダによって平均速度が変わる理由は?

PCで調べものしている人のイラスト

速度が変わる主な理由2つ

  • ・接続方式が違うから
  • ・設備によって安定感が異なるから

提供している接続方式が違うから

プロバイダによって速度が変わる理由の1つ目は接続方式が異なるからです。v6プラス(IPv4 over IPv6)を採用しているプロバイダのほうが快適に利用できます。

旧来のIPv4接続では通信が混雑しやすく、それに伴い速度が低下する特徴がありました。v6プラスでは、混雑しやすい場所でも、帯域幅が広いので通信がスムーズです。

接続方式によって、夜間や休日などの混雑する時間の安定感に差が生まれます。それがプロバイダごとの速度の違いに繋がっています。

関連記事

▶ドコモ光のIPv6について詳細解説

設備によって安定感が変わるから

プロバイダによって速度が変わる理由の2つ目は設備によって安定感が変わるからです。古い設備をそのまま使っていたり、利用者の数に対して小規模の場合は速度に影響が出ます。

大手のプロバイダであれば、ユーザー数が多くなっても設備投資に資金を回す余裕があるので、接続環境が改善していきます。

一方で、小規模なプロバイダはユーザー数が多くなると、処理が追いつかなくなり、改善もできずにそのまま速度に影響が出てしまいます。

安定した通信を実現したいなら、大手のプロバイダを選ぶのが得策です。

プロバイダが変わっても最大速度は変わらない

プロバイダが違うからといって回線の最大速度に違いは出ません

プロバイダが変わっても、使うのはNTT回線網で同じだからです。どのプロバイダも同じ、最大速度が1Gbpsの回線で通信します。

そのため、厳密にはプロバイダが違うからと言って速度が大きく変わることもないです。接続の安定感が変わり、結果として速度に多少の違いが出る程度です。

ドコモ光おすすめプロバイダランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
高性能ルーターが無料レンタル
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中キャンペーンページはこちら
OCNインターネットのロゴ 新規で10ギガなら55,000円還元
1ギガはWi-Fi 6対応ルーターがタダ
セキュリティソフトが12ヶ月無料 キャンペーンページはこちら
@niftyのロゴ 無条件で2万円キャッシュバック
セキュリティソフトが12ヶ月無料
受け取りまで8ヶ月かかる キャンペーンページはこちら

ドコモ光の速度が遅い時の対処法

対処法! と吹き出しがある人のイラスト

  • ・周辺機器を見直す
  • ・プロバイダを変更する
  • ・10ギガプランを契約する

周辺機器を見直す

速度低下の原因になる周辺機器

  • ・WiFiルーター
  • ・LANケーブル

ルーターやLANケーブルなどの周辺機器がボトルネックになり、速度が遅くなる場合があります。機器ごとに最大速度が決まっているからです。

例えば、最大速度が100Mbpsのルーターを使っている場合、それ以上の速度は絶対に出ません。何年も同じ機器を使っているなら、買い替えをおすすめします。

ルーターを購入するならWi-Fi 6に対応したものがおすすめ

最大通信速度 開始年
Wi-Fi 6 9.6Gbps 2019年
Wi-Fi 5 6.9Gbps 2013年
Wi-Fi 4 600Mbps 2009年

ルーターを買い替えるならWi-Fi 6に対応している製品がおすすめです。一般に流通している最新規格であり、最大速度が一番速いからです。

ただし、Wi-Fi 6に対応していても、メーカーや製品ごとに性能差があります。失敗しないよう、必ず購入者のレビューも参考にしたうえで購入しましょう。

藤本さん 藤本
電量販店のソフマップによると、ルーターの買い替えの目安は2~6年とされています。それくらいの周期で新しい通信規格が登場するからです。
参考サイト

▶Wi-Fi(無線LAN)ルーターの買い替え時は?(Sofmap.com)

LANケーブルは「CAT6e」と「CAT6A」がおすすめ

LANケーブルのカテゴリ

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

LANケーブルにはカテゴリ(CAT)というスペックを表す基準が存在し、上表のように最大速度が変わります。もし、CTA5を使っているなら新しいものを購入しましょう。

特にゲーム向きなのは「CAT6e」「CAT6A」の2つです。もちろんCAT5eも使えますが、よりスペックの良い規格を選んだほうがコスパが良く、都度買い換える手間を省けます。

LANケーブルのカテゴリはケーブルに直接印字されているので、自分が使っているケーブルのカテゴリを確認してみてください。

藤本さん 藤本
CAT7以上は普段使いには不向きです。主に業務用で使われる規格であり、ケーブルの先端にあるコネクタの形状が、一般家庭に普及しているものと異なるからです。

プロバイダを変更する

プロバイダが原因で遅くなる例

  • ・平日の夜に速度が遅くなる
  • ・休日にネットを利用すると不安定になる
  • ・IPv4にしか対応していない

ドコモ光の速度が遅い原因がプロバイダにある場合は、問題の根幹であるプロバイダを変更することで解決します。

プロバイダが原因で速度が遅くなっている症状としては「平日の夜だけ速度が遅い」「休日だけ不安定になる」などがあげられます。

また、IPv4接続にしか対応していない場合はIPv6対応のプロバイダに乗り換えることで解決する可能性があります。

10ギガプランを契約する

「ドコモ光×10Gについて」のアイキャッチ

ドコモ光の10ギガプランを契約すれば、最大速度が速くなり通信品質が改善される可能性があります。

通常プランが最大速度1Gbpsに対して単純計算で10倍のスペックがあります。実際の速度も1ギガプランより速くなります。

ただし、10ギガプランは基本的にはおすすめではありません。月額料金が高いうえに、契約できる地域が限られるからです。周辺機器も10ギガに対応させる必要があります。

ドコモ光の10ギガプランについてはこちらの記事でも詳しくまとめていますので、よろしければ参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光の10ギガはどんな人におすすめ?

ドコモ光はプロバイダ変更に対応している

注目ポイントを挙げている女の子のイラスト

速度に不満がある時は他のプロバイダに変更する

ドコモ光は契約した後でもプロバイダの変更に対応しています。速度に不満がある場合は、プロバイダを変えるのも1つの選択肢です。

他の回線ではそもそもプロバイダが指定されていたり、変更のために回線自体を一度解約する必要があるなど面倒なケースが多いです。

その点ドコモ光では、電話や公式ショップから簡単に変更の手続きができるので、気軽にプロバイダを選択できます。

プロバイダの変更方法

手順が書かれた黒板を指す女の子のイラスト

変更手順

  1. 1.電話かドコモショップで申し込む
  2. 2.希望の切り替え日と乗り換え先を伝える
  3. 3.プロバイダの契約書類を受け取る
  4. 4.変更後にルーターの初期設定をする
  5. 5.旧プロバイダの解約手続きをする
  • STEP1
    電話かドコモショップで申し込む

    プロバイダを変更するには「ドコモインフォメーションセンター」に電話するか「ドコモショップ」店頭での手続きが必要です。オンラインで手続きはできません。

    事前に必要なものを用意してから、手続きに入るとスムーズに進みます。ドコモ光の本人確認が必要なので、以下のものを準備しましょう。

    ドコモのスマホユーザー

    • ・ドコモの携帯電話番号
    • ・ネットワーク暗証番号(4桁)

    ドコモ以外のスマホユーザー

    • ・ドコモ光の契約ID
    • ・契約IDのパスワード
    ドコモ
    インフォメーション
    センター
    0120-800-000
    (ドコモ携帯は151)
    音声ガイダンス
    (プロバイダ変更用)
    7→1→3

    ドコモインフォメーションセンターの電話番号は上記の通りです。ドコモ携帯からは151でも対応してもらえます。

    音声ガイダンス「7→1→3」の順にダイヤルすると、プロバイダ変更の窓口に繋がります。

  • STEP2
    乗り換え先と希望の切り替え日を伝える

    手続きの際は乗り換え先のプロバイダと希望の切り替え日を伝えましょう。

    乗り換え先のプロバイダによっては月額料金が変わったり、手数料がかかるケースがあります。事前に確認しておくほうが、速く手続きが進みます。

    切り替え日の希望があれば、それも伝えるようにしましょう。最短で10日から設定できます。

  • STEP3
    プロバイダ契約書類を受け取る

    変更手続きから数日後、新しいプロバイダの契約書類が届きます。

    開通日や新しいプロバイダのID・パスワードが記載されているので、大事に保管するようにしましょう。

  • STEP4
    変更後にルーターの接続設定をする

    プロバイダ変更日になったら、ルーターの接続手続きをしましょう。事前に送られた契約書類の中に設定方法の記載があります。

    設定が終わるとネットが利用できるようになり、切り替えが完了します。

  • STEP5
    旧プロバイダの解約手続きをする

    必要なら旧プロバイダの解約手続きをしましょう。規約によりますが、プロバイダ変更後に別途解約手続きが必要な場合があります。

    また、旧プロバイダでオプションに加入していた人は、契約内容を確認しましょう。プロバイダ契約は解除されても、オプションの契約が残っていたケースも多いです。

ドコモ光おすすめプロバイダランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
高性能ルーターが無料レンタル
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中キャンペーンページはこちら
OCNインターネットのロゴ 新規で10ギガなら55,000円還元
1ギガはWi-Fi 6対応ルーターがタダ
セキュリティソフトが12ヶ月無料 キャンペーンページはこちら
@niftyのロゴ 無条件で2万円キャッシュバック
セキュリティソフトが12ヶ月無料
受け取りまで8ヶ月かかる キャンペーンページはこちら

そもそもドコモ光自体の回線速度は速い?

回線速度や平均速度の解説のイラスト

ドコモ光の回線速度は平均的

速度(下り)
ドコモ光 274Mbps
NURO光 588Mbps
auひかり 486Mbps
GameWith光 392Mbps
ソフトバンク光 321Mbps
GMOとくとくBB光 257Mbps
フレッツ光 249Mbps
光コラボとは
光コラボの例

光コラボとは、フレッツ光と同じNTTの回線を使ってネットサービスを提供する業者のことです。使う回線が同じなので、フレッツ光からの乗り換えや光コラボ同士の乗り換えなら工事が不要です。

独自回線とは
独自回線に該当する光回線の一例

独自回線とは、自社で設備を整えている光回線のことです。

NTTとは違う設備を使っているため、導入には機器設置工事が必要です。

ドコモ光の回線速度は他の光回線と比較して平均的な水準です。

NURO光やauひかりは独自回線を使ってサービスを提供しています。独自回線は通信が混雑しにくいのでドコモ光よりも平均速度が速いです。

しかし、ソフトバンク光やフレッツ光などの「光コラボ回線」と比較すると同等の速度です。

また、ドコモ光はプロバイダによっても速度が変わります。速度を気にする人はドコモ光の高速なプロバイダを選びましょう。

速度にこだわりがあるなら他の光回線も検討する

速度にこだわりがあるなら他の光回線も検討しましょう。上述の通り、ドコモ光よりも速い光回線もあります。

今回は特に速度の速い回線を3つ紹介します。他にも回線速度の速い光回線が気になる人は当サイトのこちらの記事をご覧ください。

関連記事

▶光回線の速度ランキングまとめ

とにかく速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
戸建て月額料金 5,200円
スマホセット割 ソフトバンク
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:588Mbps
上り:537Mbps
応答速度 11.5ms
対応エリア 北海道・東北・関東・関西・
東海・中国・九州
上記の一部
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 ▶NURO光公式サイト
関連記事 ▶NURO光の評判を詳しく見る
▶NURO光のキャンペーン情報

とにかく速度を重視するならNURO光が一番おすすめです。回線速度とPing値の両方がダントツで優秀な光回線だからです!

NURO光の通常プランは最大速度が2Gbpsと他社の2倍で、平均速度も588Mbpsと速いです。さらに、Ping値の平均も11.5msとかなり低いので、安定したネット環境を構築できます。

また、月額料金の割引や、高額なキャッシュバックもあるので、回線速度が速い光回線の中でもお得に利用できます。

NURO光の申し込み窓口は公式サイトがおすすめ

NURO光は60,000円現金キャッシュバック

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • 無条件で60,000円のキャッシュバック
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ④利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑤ネットや光電話の設定サポートが無料
  • 無条件で60,000円のキャッシュバック
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ④5/19まで1万円増額キャッシュバック中
  • ⑤利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑥ネットや光電話の設定サポートが無料
  • 無条件で60,000円のキャッシュバック
  • オプション申し込みで最大20,000円還元
  • 44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ④5/19まで6ヶ月間980円割引特典開催中
  • ⑤利用開始2ヶ月以内なら完全無料で解約可能
  • ⑥ネットや光電話の設定サポートが無料

NURO光に申し込むなら公式特設サイトを窓口にするのが一番おすすめです!高額キャッシュバックをはじめ、工事費割引やオプション加入特典などの豊富な特典があるからです。

公式特設サイトではオプションなしで60,000円の現金キャッシュバックをもらえます。また、ひかりTVなどのオプションに加入することで最大20,000円の追加特典も開催中です。

NURO光を申し込むなら、特典金額が最も大きい公式特設サイトを活用しましょう!

5/19まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
5/19までお得な割引実施中!
\さらに無条件で60,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で60,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

auひかりはNURO光がエリア外な人におすすめ

光回線 auひかり

マンション月額料金 4,180円
戸建て月額料金 5,610円
スマホセット割 au
UQモバイル
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:486Mbps
上り:468Mbps
応答速度 15.7ms
対応エリア 関西・東海以外
※マンションは全国対応
特徴 ・独自回線で回線速度が速い
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
お得な申し込み窓口 GMOとくとくBB
関連記事 ▶auひかりの評判を詳しく見る
▶auひかりのキャンペーン情報

NURO光が対応エリア外の場合はauひかりがおすすめです。NURO光よりも対応エリアが広く、幅広い地域で利用できるからです。

auひかりはKDDI独自の回線網を利用したサービスなので、光コラボよりも速度が速いです。また、利用者が多い時間でも混雑しにくく、1日中快適に利用できます。

さらに、auやUQモバイルとのセット割も適用できるため、該当のスマホキャリアを利用しているならお得に利用できます。

auひかりの申し込み窓口はGMOとくとくBBがおすすめ

auひかり×GMOとくとくBB

GMOとくとくBBのメリット

  • 最大94,000円の高額キャッシュバック
  • auひかり電話が35ヶ月間無料
  • ③工事費が実質無料になる
  • ④他社の違約金を最大30,000円まで補償
  • ⑤auひかりのプロバイダで速度が最速クラス
  • ⑥高性能なWiFiルーターが無料でもらえる

auひかりに申し込むなら特典が最もお得なGMOとくとくBBがおすすめです。最大94,000円のキャッシュバックに加え、高性能なWiFiルーターが無料でもらえます。

また、工事費割引や違約金補償などの公式特典も併用できるため、公式と代理店の特典を両取りできます。

さらに、GMOとくとくBBだけの特典として月額550円のひかり電話が35ヶ月間無料で利用できます。最もお得にauひかりを契約するならGMOとくとくBBから申し込みましょう!

WiFiルーターが無料で貰える!
\さらに最大94,000円キャッシュバック/
最大94,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
GMOとくとくBBの窓口はこちら

オンラインゲーム向けのGameWith光

GameWith光のロゴ

GameWith光の特徴

  • ・公式のテストでPing値が平均10以下
  • ・専用帯域の利用でラグを防止
  • ・月額料金が1ヶ月間無料
  • ・クロスパス対応
  • ・15日間お試し利用可能
マンション月額料金 4,840円
戸建て月額料金 6,160円
スマホセット割 なし
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:392Mbps
上り:300Mbps
応答速度 15.6ms
開通工事費 立ち会い工事あり:22,000円
立ち会い工事なし:3,300円
対応エリア 全国
高速プラン なし
IPv6 対応
(クロスパス)
一番お得な
キャンペーンサイト
▶公式サイト
関連記事 ▶GameWith光の評判など全情報
▶キャンペーン情報はこちら

GameWith光は、2022年3月18日にリリースされたゲーム向けの回線です。ドコモ光やとくとくBB光のv6プラス接続と同じように、通信を高速化する仕組みに対応しています。

また、ゲーム専用の帯域を確保することで、他の光コラボ回線よりも遅延が発生しづらい仕組みを構築しています。そのため、ゲーム実況や大規模アップデートもスムーズに実行できます。

さらに、ゲームタイトルがあるクラウドやプロバイダと直接接続するため、ラグが起きにくいのが特徴です。公式のテストではPing値が夜間でも10msでした。

FPSやTPSに最適!
\オンラインゲーム向けの光回線!/
GameWith光の公式サイトはこちら

関連記事

▶ゲームにおすすめの光回線は?速度重視の最強ネット回線情報

ドコモ光プロバイダの回線速度に関するよくある質問

「?」のイラスト

速度が速いおすすめのプロバイダは?

A.

おすすめプロバイダTOP3

  • ・GMOとくとくBB
  • ・OCN インターネット
  • ・ドコモnet※

速度が速いおすすめプロバイダは上記の3社です。速度、特典、レンタルルーターなど総合的におすすめできます。

※は新規受付を停止したプロバイダ

▲よくある質問一覧に戻る

プロバイダによって速度は変わる?

A.

プロバイダによって平均速度に影響が出ます。設備や接続方式などが安定感に影響を及ぼすからです。

▲よくある質問一覧に戻る

10ギガプランはどんな人におすすめ?

A.

こんな人におすすめ

  • ・仕事や趣味で大容量な通信が多い
  • ・VRコンテンツを楽しみたい
  • ・4Kの高画質なコンテンツを楽しみたい
  • ・ゲームを高いレベルでプレイしたい
  • ・大人数で1つの回線に接続する

10ギガプランがおすすめな人は上記の通りです。

10ギガプランでやりたいことが明確に決まっていない人が無理に契約するのはおすすめしません。

▲よくある質問一覧に戻る

ドコモ光はプロバイダによって何が変わるの?

A.

ドコモ光はプロバイダによって月額料金やレンタルルーターのスペックなどが異なります。

詳細はコチラの記事でも解説しているのでぜひ参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光のおすすめプロバイダは?

▲よくある質問一覧に戻る

総合的に最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめ!ということを表す女の子のイラスト

GMOとくとくBBがおすすめな人

  • ・ドコモ光を速く安定した環境で使いたい
  • ・高性能なルーターを無料でレンタルしたい
  • ・高額なキャッシュバックがほしい
  • ・ドコモ光の月額料金を安くしたい
  • ・開通工事中にネット回線を利用したい

GMOとくとくBBは、プロバイダとしてのスペック、キャッシュバック金額、利用者からの評判、すべてで優れています。

ドコモ光を快適かつお得に利用するなら、プロバイダはGMOとくとくBBを選びましょう!

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
51,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

※当サイトの掲載情報は、総務省ならびに各通信事業者の公開情報、実際の利用者から収集したアンケート結果などの客観的事実を根拠に作成しています。正確な情報を掲載するよう万全の体制を整えておりますが、情報の最新性や正確性を保証するものではございません。
※ご契約の際は、各事業者のホームページをご自身で確認のうえお申し込みください。また、不明な点については、各サービスの提供元へお問い合わせください。
※紹介している通信サービスはすべてベストエフォート型です。事業者が公表する最大通信速度は
理論上の数値であり、実際の速度を保証するものではございません。
※回線速度は、当サイトの検証結果および速度計測サイトの投稿内容に基づく数値を掲載しています。実測値は利用する時間帯や地域、設備などの影響を受けて変動するため、同じサービスを契約した場合でも同様の速度が出るとは限りません。
※当サイトに掲載しているコンテンツおよびランキングは、消費者庁景品表示法(ステマ規制)に則った当サイトのコンテンツおよびランキング作成に関する方針に基づいて作成しています。

ドコモ光の記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー