ドコモ光×OCNの評判は?プロバイダの口コミ・平均速度を大公開!

PR
ドコモ光OCN評判のアイキャッチ

ドコモ光と、プロバイダのOCNがセットになった「OCN forドコモ光」について徹底解説します!

ドコモ光でOCNをプロバイダにするメリット・デメリットをわかりやすく解説し、実際に利用している人の評判や口コミ、実測値などをご紹介していきます!

また、OCNよりおすすめのプロバイダも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

最新情報

旧OCN for ドコモ光は2023年6月30日に新規受付を終了しました。現在、ドコモ光のプロバイダとしては「OCN インターネット」の名前でサービスを提供しています。

ドコモ光の一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
⇒ドコモ光はGMOとくとくBBが最もお得!
当サイト限定51,000円還元&工事費無料
最大10Gpbsでインターネットが快適に使える
・ドコモのスマホ料金が毎月1,100円安くなる
・開通までの期間モバイルWiFiを無料レンタル
当サイト限定!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
51,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
11月1日~30日までの期間限定!
抽選200名へ更にPayPayポイント5千円が当たる!
【GMOとくとくBB】
3日間限定でキャッシュバック増額中
GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中▶GMOとくとくBBの窓口
村野(ヒカリク編集部)

各光回線サービスに詳しい。新しい光回線やホームルーターが出るたびに、料金やコンセプトを細かく確認する真面目な性格。

目次

OCN forドコモ光の基本情報

アンケートを取っている最中のイラスト

OCN forドコモ光とは、ドコモ光のプロバイダでOCNを利用するサービスです。

プロバイダとは

プロバイダの役割の解説

「プロバイダ」とは、スマホやパソコンといった端末と、インターネットの世界を中継している玄関口のような存在です。Webサイトを表示する、ファイルをアップロードするといった操作をするとき、端末から送られた信号はプロバイダを通してインターネットに送られます。

同じドコモ光でも、プロバイダによって特徴が違います。下表でOCN forドコモ光料金や速度についてまとめました。

プロバイダ OCN
(NTTコミュケーションズ)
月額料金 タイプB
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
(プロバイダ料金含む)
接続方式 IPv4 over IPv6
IPoE
利用者の実測値 下り:256Mbps
上り:194Mbps
利用者の応答速度 26.5ms
セキュリティ マイセキュア
ホームネットセキュリティ
最大12ヶ月間無料
10ギガプラン 未対応
提供エリア 全国
プロバイダ独自の
キャッシュバック
20,000円
利用可能な
メールアドレス数
1つ
(ocn.ne.jp)
提供条件書 プロバイダ提供条件書(PDF)

NTTコミュケーションズが運営しているので大手という安心感はありますが、月額料金が高い「タイプB」に当てはまるため割高です。

回線の平均速度は下り256Mbps、上り194Mbpsです。特別に速いわけではないですが、一般的なネット利用には充分な通信速度が出ます。

村野さん 村野
現在はOCNを運営していたNTTレゾナントがNTTドコモに吸収され、OCN for ドコモ光は新規受付を終了しています。
関連記事

▶ドコモ光の新プロバイダ「OCN インターネット」と「GMOとくとくBB」の比較

ドコモ光でOCNをプロバイダにするメリット・デメリット

天秤にかけて比較している人のイラスト 

ドコモ光のプロバイダをOCNにするメリット・デメリットはそれぞれ以下のとおりです。

OCNをプロバイダにするメリット

  • ・フレッツ光からの乗り換えが簡単
  • ・高速な通信規格のIPv4 over IPv6対応
  • 最大20,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・OCN開通とことんサポートが初回無料
  • ・セキュリティサービスが12ヶ月間無料

OCNをプロバイダにするデメリット

  • ・タイプAよりも月額料金が220円高い
  • ・利用者の実測値がやや遅い
  • ・10Gプランに対応していない

OCNは、デメリットよりもメリットのほうが多いです。OCN独自のサポートや、セキュリティサービスが利用できるからです。

また、注目すべきはIPv4 over IPv6対応である点です。非対応だと夜間などに通信が混雑すると通信が遅くなるからです。

プロバイダによっては申し込みが必要なので、OCNのように申し込み不要のプロバイダを選ぶのが良いです。

ちなみに、以下の1位にあるプロバイダのGMOとくとくBBは、申し込み不要でIPv4 over IPv6対応が使えます。

ドコモ光おすすめ窓口ランキング
ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中キャンペーンページはこちら
ドコモ光×NNコミュニケーションズ オプション不要で40,000円もらえる
現金の受け取り手続きが簡単
自分でプロバイダを選べる キャンペーンページはこちら
ドコモオンラインコンシェルジュ 無条件で30,000円キャッシュバック
21社からプロバイダを選択可能
手軽にWebからの申し込める キャンペーンページはこちら

ドコモ光では申し込みに利用する窓口によって受けられるキャンペーン内容が異なります。下記の記事で詳しく解説しているので、お得に申し込みたい人はぜひ参考にしてください。

お得な申し込み窓口を知ろう
ドコモ光のキャンペーンのサムネイル
ドコモ光のキャンペーン比較!乗り換えや新規でキャッシュバックなどの特典がお得な窓口は?
記事を読む
お得な申し込み窓口を知ろう
ドコモ光のキャンペーンのサムネイル
ドコモ光のキャンペーン比較!乗り換えや新規でキャッシュバックなどの特典がお得な窓口は?
記事を読む

ドコモ光×OCNの評判口コミ

口コミをする人たちのイラスト

ドコモ光で、実際にOCNをプロバイダにしている人の評判と口コミをご紹介します!

実際の利用者に対して、当サイト「ヒカリク」で独自にアンケート調査を実施しました。料金・回線速度・キャンペーン・オプションの4項目で評価をお願いしています。

ドコモ光×OCNのおすすめ度は5点満点中3点で、利用者の評判は平均的です。悪くはないですが、おすすめするほどでもありません。

口コミをまとめると「大手で安心できる」と評価される一方で「料金はやや高い」という声もあります。

口コミや評価の収集方法について
【調査方法】 クラウドソーシングサイト「ランサーズ」
【調査期間】 2020年7月~2024年7月
【取得方法と掲載作業について】
・実際にドコモ光でOCNのプロバイダを利用している人の回答に限定しています。
・事実と異なる口コミが反映されないよう、当管理人が内容を確認したうえで使用しています。
・誤字や脱字があった場合は、回答者の意見に影響がない範囲で修正しています。
女性のアイコン
ドコモもOCNも大手で安心感があるし通信環境も安定している50代女性 / 北海道
70点 / 100点
50代女性
北海道
70点 / 100点
契約時期2019年 10月
利用人数3人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×OCNの料金は高い
回線速度
ドコモ光×OCNの回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光×OCNのキャンペーンの質は良い
オプション
ドコモ光×OCNのオプションサービスは良い
契約して良かったと思う点
20年ほど携帯のキャリアをドコモで契約をしていますが、ネット環境は、家族の意向でドコモ以外の光回線を使っていました。今回ドコモ光に変えたことで、今までよりも安定した速度でネットを使えています。また、ドコモだけでなくOCNもサポートがしっかりしているし、どちらも大手なので安心感があります。
契約して不満に思っている点
やはり大手の光回線なので、月々の回線料金が他の会社よりも高く感じます。あと、キャッシュバックの金額は高めでしたが、実際に受け取るまでの期間が長かったのも少し不満です。
2021年05月08日
男性のアイコン
固定費を削減したかったからドコモでまとめました40代男性 / 埼玉県
65点 / 100点
40代男性
埼玉県
65点 / 100点
契約時期2020年 3月
利用人数2人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×OCNの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×OCNの回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光×OCNのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×OCNのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
全てドコモでまとめることで、通信費用の大幅な削減ができたのがよかったです。
契約して不満に思っている点
乗り換えキャンペーンのキャッシュバックとしてiDキャッシュバックがありましたが、当時はドコモを使用していなかったため、利用方法が分かりづらかったです。また、dポイントとの違いも分かりませんでした。できるなら、現金キャッシュバックにしてほしかったです。
2021年02月26日
不満そうな男性のアイコン
以前の光回線よりも料金は安くなったけど料金見直しはしてくれない40代男性 / 北海道
65点 / 100点
40代男性
北海道
65点 / 100点
契約時期2019年 10月
利用人数4人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×OCNの料金は少し安い
回線速度
ドコモ光×OCNの回線速度は平均的
キャンペーン
ドコモ光×OCNのキャンペーンの質は平均的
オプション
ドコモ光×OCNのオプションサービスは平均的
契約して良かったと思う点
他の光回線の時からOCNのプロバイダを利用しています。光回線を導入する時に、通信料やプロバイダなどの料金を一括することができ、月々の支払いを安く抑えられるということで、そのまま利用しています。また、プロバイダのメールアドレスを変更すると面倒なので、もともと使っていたOCNを選びました。
契約して不満に思っている点
現在不満に感じていることではないですが、通信料金など安く抑えられる方法を提案してもらえなかったことがあります。自ら動いて行かないと、高い料金を払い続けなければならないので、できればその時々で料金体系の見直しの提案をしてもらえると嬉しいです。
2021年02月15日
男性のアイコン
キャンペーンがお得だったから申し込んだ30代男性 / 香川県
75点 / 100点
30代男性
香川県
75点 / 100点
契約時期2020年 12月
利用人数2人
建物の種類戸建て
セット割利用中
料金
ドコモ光×OCNの料金は平均的
回線速度
ドコモ光×OCNの回線速度は少し速い
キャンペーン
ドコモ光×OCNのキャンペーンの質はとても良い
オプション
ドコモ光×OCNのオプションサービスはやや悪い
契約して良かったと思う点
インターネットから申し込むと、6000円分のdポイントが貰えるキャンペーンを行っていたので申し込みしました。携帯とまとめて払うとお得ですよ、OCNを使っていて乗り換えがスムーズですと誘われたので乗り換えました。回線速度も安定していて、料金も安くなり、dポイントも貰えたので非常に良かったです。
契約して不満に思っている点
工事の手続きがうまく噛み合わなかったところが、やや不満です。以前使っていたプロバイダではマンションタイプの契約でしたが、ドコモ光にしたときは戸建てでした。しかし、その手続きの変更が上手く伝わっておらず、工事日程の話になったときに話が行き違っていて、色々確認してみたら以前のマンションタイプのままでした・・。
2021年04月14日

OCN forドコモ光の評判口コミまとめ

メモ帳にまとめている女の子のイラスト

ドコモ光×OCNの評判や口コミのまとめると、あまり良くありませんでした。

特に「月額料金が割高」という口コミが目立ちました。OCNは月額料金が高いタイプBで、タイプAよりは高いです。

また「手続きがスムーズに進まなかった」「料金が安くなる方法があるのに提案してもらえなかった」といった厳しめの意見もありました。

しかし、OCNは「NTTグループだから安心して使える」というメリットがありました。

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめ

ドコモ光で選べる21社のプロバイダのうち、一番おすすめなのは「GMOとくとくBB」です。理由は以下の6つあります。

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • ①タイプAで月額料金が安い
  • ②平均速度がトップクラスに速い
  • ③最大51,000円のキャッシュバック
  • ④高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

特に重要なのは、料金が安いタイプAで通信速度が速いことです。そのうえで、キャッシュバック額が最大51,000円と高いです。

さらに、高性能のWi-Fiルーターを無料レンタルできたり、超高速通信サービスの10Gプランに対応しています。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判や口コミについては、下記の記事で詳しく解説しています。プロバイダ選びの参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光×GMOとくとくBBの全情報まとめ

OCN forドコモ光とOCN 光はまったく別のサービス

OCNの回線サービスには「OCN forドコモ光」と「OCN 光」があります。しかし2つはまったく別のサービスです。

OCN forドコモ光の契約先はNTTドコモです。一方でOCN 光の契約先はNTTコミュニケーションズです。

OCN forドコモ光は、ドコモのサービスの一部でOCN利用されています。OCN 光はプロバイダ含めNTTコミュニケーションズが提供しています。

村野さん 村野
OCNを運営していたNTTレゾナントがNTTドコモに吸収された関係で、2023年6月でOCN 光もOCN for ドコモ光も新規受付を終了しています。

下表で、それぞれのサービスの月額料金・回線速度・割引についてまとめました。

OCN for
ドコモ光
※新規受付終了
OCN 光
※新規受付終了
サービス
提供会社
NTTドコモ NTT
コミュケーションズ
使用回線 NTT回線
対応エリア 日本全国
プロバイダ OCN
月額料金
(マンション)
4,620円 3,960円
月額料金
(戸建て)
5,940円 5,610円
最大回線速度 1Gbps 1Gbps
利用者の実測 256Mbps 250Mbps
スマホ
セット割
ドコモ
最大-1,100円/台
(10台まで適用可)
OCNモバイルONE
-220円/台
(5台まで適用可)
OCNモバイルONE
-220円/台
(5台まで適用可)
キャンペーン 開通工事費が無料
20,000円貰える
2,000dポイント進呈
OCN 光と
IPoEアドバンスが
同時申し込みできる

比較すると、回線速度に大きな違いはありません。しかし、マンションの月額料金はOCN 光のほうが660円安いです。戸建てなら330円違います。

しかし、スマホセット割が使えるなら、お得度は変わります。OCN forドコモ光は毎月のスマホ料金最大1,100円割引されます。

ドコモユーザーならOCN 光よりOCN forドコモ光のほうがお得です。反対に、ドコモユーザー以外でセット割がないならOCN 光がお得です。

キャンペーン内容はOCN forドコモ光のほうがお得

キャンペーンはOCN forドコモ光のほうがお得です。OCNとドコモ光公式の両方からキャンペーンが受けられます。

OCN 光は公式キャンペーンでキャッシュバックなどの還元がありません。

しかし、ドコモのスマホを利用していないなら、月額料金が安いOCN 光のほうがおすすめです。気になる人は、以下記事で詳細を解説しているので、タップして確認しましょう。

関連記事

▶OCN 光の評判口コミなど全情報まとめ

OCNはタイプBでタイプAよりも月額料金が220円高い

ドコモ光タイプ別紹介表-new

OCNは、ドコモ光で使えるプロバイダのうち、タイプBに当てはまります。タイプAのプロバイダに比べると月額料金が220円高いという欠点があります。

戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,400円
タイプB 5,940円 4,620円
単独
タイプ
5,500円

プロバイダ料
4,180円

プロバイダ料
7,150円

プロバイダ料
5,280円

プロバイダ料

タイプAとタイプBの違いは料金だけです。通信品質とタイプは関係ありません。

以下で両タイプに当てはまるプロバイダをまとめました。月額料金の低いタイプAのほうがおすすめです。

タイプAのプロバイダ一覧

GMOとくとくBB/BIGLOBE/OCN インターネット/タイガースネット/DTI/andline/@nifty/エディオンネット/BB.excite/楽天ブロードバンド/hi-ho/SPEEDIA/ic-net/SYNAPSE/TIKITIKI/@ネスク

タイプBのプロバイダ一覧

@TCOM/AsahiNet/TNC/@ちゃんぷるネット/WAKWAK

また、単独タイプは、ドコモ光とプロバイダを別々に契約するプランです。基本料金は安いですが、プロバイダ料が別途かかるため、結局はどのタイプよりも割高になります。

ドコモ光を契約する際は、あえて、月額料金が高いタイプBや単独タイプを選ぶメリットはありません。月額料金が安いタイプAのプロバイダを選ぶのが無難です。

ドコモとOCNモバイルONE2つのスマホセット割が使える

OCN forドコモ光ではドコモとOCNモバイルONEの両方とスマホセット割が適用可能です。

ドコモを契約していると、ドコモのスマホ1台につき、毎月スマホ料金が最大1,100円安くなります。OCNモバイルは1台につき、220円割引されます。

例えば、自分がOCNモバイルONEを契約していて、家族がドコモを契約していると、対象プランならどちらも割引されます。

以下の記事で、ドコモのスマホ割引について詳しく説明しているので、参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光セット割の条件や割引額の詳細

OCN利用者の実測値は7番目に速い

ランキングのイラスト

OCNの実際の通信速度は、ドコモ光で選べるプロバイダで7番目に速いです。

一方で、最も速いのはGMOとくとくBBです。OCN比べると、通信速度が50Mbps違います。

下表に、プロバイダごとの平均速度をまとめたので通信速度を気にしている人は確認してください。17社分の情報を掲載しています。

ちなみに、利用者が少なくてデータが収集できなかったプロバイダは除いています。

プロバイダ 平均速度 料金タイプ
GMOとくとくBB 306Mbps A
タイガースネット 286Mbps A
ドコモnet 283Mbps A
@TCOM 267Mbps B
plala(ぷらら) 265Mbps A
ASAHIネット 264Mbps B
OCN 256Mbps B
BIGLOBE 247Mbps A
エディオンネット 244Mbps A
So-net
※新規受付終了
234Mbps A
BB.excite 228Mbps A
DTI 220Mbps A
@nifty 215Mbps A
andline 179Mbps A
楽天ブロードバンド 140Mbps A
WAKWAK 134Mbps B
hi-ho 110Mbps A

上記の平均速度は「みんなのネット回線速度」という、実際の利用者の通信速度を収集しているサイトを参考にまとめたものです。2021年10月6日時点のデータを掲載しています。

ちなみに、日常的な使い方なら、100Mbpsあれば快適に使えます。用途別に快適な通信速度をまとめているので、気になる人はタップして確認しましょう。

快適な通信速度の目安

利用用途ごとの快適な通信速度を「Googleのヘルプページ」を参考にまとめました。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 50~100Mbps

上表のとおり「LINEやメールでメッセージを送る」「ネットショッピングで商品を購入する」「YouTubeで動画を見る」という使い方なら、100Mbps未満でも大丈夫です。

ただし、通信速度を重視する人は、プロバイダのGMOとくとくBBのほうが満足する可能性が高いです。

IPv4 over IPv6(IPoE)に対応している

OCNは高速通信のIPv4 over IPv6(IPoE)に対応しています。従来の通信規格のIPv4と最新のIPv6通信の両方で速く利用できます。

最新の通信方式IPv6は、細かく以下の3パターンに分かれています。

通信方式 回線速度
IPv4 over IPv6 (IPoE) ほとんどのサイトで速くなる
IPv6 (IPoE) 一部のサイトのみ速くなる
IPv6 (PPPoE) 回線速度は変わらない

方式によっては、速度が変わらなかったり、速くなるのは一部だったりします。しかし、IPv4 over IPv6に対応していれば、あらゆる通信で快適なインターネット利用が可能です。

ちなみに、IPv6通信の詳しい仕組みや注意点については、別記事で解説しているので、細かい部分が知りたい人は確認してください。

関連記事

▶ドコモ光のv6プラス利用時の注意点や利用方法
▶初心者にもわかりやすいIPv6の仕組み

OCNはドコモ光10ギガプランを利用できない

ドコモ光10ギガ対応プロバイダ

OCNは、ドコモ光の10ギガプランに対応していないプロバイダです。2024年7月現在、10ギガプランに対応しているプロバイダは、21社中10社だけです。

最初から10ギガに対応しているプロバイダを選んでおけば、プラン変更だけで1ギガから10ギガにできます。しかし、OCNは未対応なので、プロバイダの切り替えが必要です。

将来含め、10ギガプランを検討している人はOCN以外のプロバイダを選びましょう。別の記事で詳しく説明しているので、気になったら確認してください。

関連記事

▶ドコモ光の10Gプランの評判口コミなど全情報

高速規格対応ルーターを無料でレンタルできる

OCNのIPoE対応ルーター無料

OCNでは、高速通信に対応しているルーターを永年無料でレンタルできます。条件はv6アルファの申し込みです。OCN forドコモ光ならオプション適用は無料です。

ちなみに、古いルーターからレンタル品に変えたら快適になったという口コミがあります。

対応ルーターは購入すると5,000円以上するので、レンタル可能なら借りたほうがお得です。

しかし、既にルーター持っている人でも、対応機種なら高速通信できます。以下のページを開いて対応機種か確認しましょう。

外部サイト

▶高速通信規格の対応ルーター一覧(公式サイト)

v6アルファは2022年3月31日で新規申し込みが終了する

無料でルーターをレンタルできるv6アルファの申し込みは2022年3月31日で終了します。

v6アルファ提供終了の詳細は「OCNの公式サイト」を確認しましょう。

ちなみに、期限までに申し込んで、利用していれば申し込み終了以降も継続してサービスを受けられます。

v6アルファでレンタルできる機種はIPoE対応ルーター01

v6アルファで無料レンタルできる機種はIPoE対応ルーター01です。

ルーターの詳細仕様はメーカー公式の「ユーザーズマニュアル」から確認できます。

ちなみに、できるだけ速くOCN forドコモ光を利用したい場合は、ルーターに直接有線接続したほうが良いです。

有線LANの最大通信速度は、ドコモ光の最大速度と同じく1Gbpsです。しかし、無線規格の最大速度は、ルーターからパソコンやスマホ・タブレットまでで867Mbpsしか出ないからです。

村野さん 村野
Wi-Fi6は対応していないので、Wi-Fi6を使う人は購入しましょう!

2種類のセキュリティソフトが12ヶ月間無料

OCNはセキュリティサービスが12ヶ月無料

ドコモ光のプロバイダでOCNを選ぶと2種類のセキュリティサービスが無料で利用可能です。ホームネットセキュリティと総合セキュリティソフトのマイセキュアです。

しかも両方のセキュリティサービスが12ヶ月無料で使えます。それぞれのサービス内容と、月額料金は以下のとおりです。

サービス内容
ホームネット
セキュリティ
(月額220円)
Webアクセス制限/不正通信ブロック/保護者設定
マイセキュア
(月額275~550円)
ウイルス/偽造サイト/悪質アプリから端末を守る

12ヶ月超過後は自動的に解除されるので、引き続き利用した場合は、再度申し込みましょう。

村野さん 村野
次に、ホームネットセキュリティと、マイセキュアについて説明します。

ホームネットセキュリティは専用ルーターと一緒に利用する

ホームネットセキュリティは専用ルーターの利用が必須

ホームネットセキュリティはIPoE対応ルーター01が必須のサービスです。ルーターに搭載されている機能を使うサービスだからです。

2022年3月31日までにv6アルファに申し込みして、ルーターをレンタルした人限定です。自分の購入したルーターでは利用できません。

ルーターの機能で、有害なサイトへのアクセスや、不正アクセスをブロックしたり、子ども用の閲覧制限ができます。

村野さん 村野
ちなみに、ホームネットセキュリティの新規申し込みは2023年3月31日に終了する予定です。終了日を迎えたら、利用中の人のみ継続して使えます。
外部サイト

▶v6アルファとホームネットセキュリティの詳しいサービス内容

総合セキュリティソフトのマイセキュアとは

マイセキュアはウイルスや偽造サイトなどの脅威から守ってくれるセキュリティソフトです。

パソコンやスマホ、タブレットにインストールして利用します。台数の制限は5台までです。1台の月額料金は275円です。2~5台にインストールすると550円かかります。

マイセキュアが対応しているのは、パソコンならWindowsとMac、スマホやタブレットはAndroidとiOS(iPhone)すべてに対応しています。

セキュリティソフトを使っていれば不要ですが、利用していない人は格安で利用できます。詳しくは、NTTコミュニケーションズのサイトに記載されています。

外部サイト

▶マイセキュアで対応できるセキュリティ内容と料金について

各サポートサービスを初回無料で使える

無料で喜ぶ女の子のイラスト

ドコモ光のプロバイダをOCNにすると、各サポートサービスを初回無料で利用できます。

OCNが提供しているサポートサービスの内容をまとめると、以下のようなものがあります。

OCNのサポートサービスの内容

  • ・インターネットの有線接続設定
  • ・モデムやルーターの設定
  • ・Wi-Fiのアクセスポイント設定
  • ・スマホ/PC/ゲーム機のWi-Fi設定
  • ・家庭用複合プリンターの印刷設定
  • ・ひかりTVの接続設定
  • ・セキュリティソフトのインストールと設定

OCNでは、インターネットの基本設定から、ひかりTVの設定まで幅広く対応してくれます。

OCNの特徴的な点は、各サポートがそれぞれ初回無料の対象になることです。例えば、ルーターの設定と、ひかりTVの接続をそれぞれ依頼しても、すべて無料で済みます。

他のプロバイダだと、1つのサービスしか無料にならないケースが多いです。

2回目以降は通常料金がかかる

サポートサービスは2回目以降に料金が発生します。各サービスの料金は以下のとおりです。

サポートを受けるときは、基本訪問料金に加えて、各種メニューの料金が請求されます。

サポートメニュー 1回あたりの料金
訪問基本料金 5,500円
インターネットの接続設定(有線) 3,300円
IPoE接続設定
モデムやルーターの設定
Wi-Fiアクセスポイント設定 2,200円
ゲーム機のWi-Fi設定
スマホやPCのWi-Fi設定 1,650円
家庭用複合プリンターの
印刷設定
4,950円
ひかりTVの接続設定 3,190円

訪問基本料金は、訪問1回につき5,500円発生します。もし利用するときは、まとめて必要なサポートを受けましょう。

また、上表にない細かい料金については、OCNの公式サイトで確認できます。

外部サイト

▶各サポートサービスの詳しい料金について

メールアドレスが1つ無料で使える

ドコモ光でプロバイダをOCNにするとOCNのメールアドレスが1つ無料で使えます。メールアドレスは「@ocn.ne.jp」です。@の前は自分で希望した文字列を利用できます。

また設定すれば迷惑メール判定と送信時のウイルスチェックは無料で利用できます。

ただし迷惑メールの隔離とメール受信時のウイルスチェックは有料です。判定と隔離、送信と受信で混乱しますが、より安全性が高める機能は追加費用がかかります。

村野さん 村野
ちなみに、メールボックスは最大10GB使えます。大きなファイルをやり取りしないなら充分な大きさです。

最大20,000円のキャッシュバックが貰える

OCN×ドコモ光キャンペーン

ドコモ光×OCNは新規・転用・事業者変更を問わず、20,000円のキャッシュバックと、dポイント2,000ptが貰えます。さらに、新規契約なら工事費無料キャンペーンも受けられます。

下表にキャンペーンと対象者をまとめました。

キャンペーン内容 対象者
20,000円キャッシュバック 新規・転用・事業者変更
dポイント2,000pt
工事費無料 新規契約のみ

キャンペーンの適用条件はシンプルです。以下では、3種類のキャンペーンの適用条件について、注意点を交えながら解説します。

キャッシュバックを貰うための条件は3つ

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャッシュバック受け取り条件

  • ・OCNの公式サイトや電話で申し込む
  • ・3ヶ月以内に開通する
  • ・届いたメールにキャッシュバックに必要な情報を登録(60日以内)

新規申し込みのときは、開通期間に気をつけましょう。特に2~3月の開通工事が込み合う時期は、申し込みから開通工事までに3ヶ月以上かかる可能性があります。

また、登録情報の不備やメール確認に気をつけましょう。OCNから届く「ご登録のご案内」は、OCNメールアドレスに届きます。普段使っていない人は見落とすケースがあります。

手続きの期限はメールを受信した日を含めて60日なので、早めに対応しましょう。

また、メールは再送付してもらえません。スパムメール扱いされないように「ocnshinki@ocn.ad.jp」を受信できるように設定しておきましょう。

ドコモ光の公式キャンペーンはどのプロバイダを選んでも適用される

ドコモ光には公式キャンペーンと独自キャンペーンの2種類があるの説明イラスト

ドコモ光の公式キャンペーンは、どの窓口から申し込んだ場合でも適用されます。2024年7月現在、ドコモ光が公式で実施している特典は以下の4点です。

ドコモ光の公式キャンペーン

  • ・ドコモのスマホ利用料が最大1,100円引き
  • ・工事費用が完全無料
  • ・dポイントプレゼント
  • ・2年ごとの更新時に3,000ptのdポイント

このため、OCNで20,000円のキャッシュバックをもらった人でも「工事費無料」や「dポイントプレゼント」といったドコモ光公式の特典を受けられます。

それぞれの条件について気になる人は、以下のボタンをタップして確認してください。

dポイントを貰うための条件

dポイントの受け取り条件

  • ・2年更新ありプランにする
  • ・申し込み7ヶ月以内に開通する
  • ・スマホの名義が光回線の契約者と同じ
  • ・dポイントクラブに会員登録している

dポイントを受けるためにはスマホと光回線の名義人が同じ必要があります。

また、dポイントクラブ会員になっている必要もあります。会員になっていない人は、事前に登録手続きしておきましょう。

dポイントクラブの手続きの方法や、dポイントの用途・利用方法は別記事で詳しく書いているので、参考にしてください!

関連記事

▶dポイントクラブの登録手順や利用方法

工事費を無料にするための条件

工事費を無料にする条件

  • ・ドコモ光を新規契約する
  • ・工事が必要なオプションを契約していない
  • ・工事日時で土日祝日や夜間などを指定しない

開通工事費が無料になるのは新規契約のみです。

フレッツ光からの「転用」や、ソフトバンク光・OCN 光といった光コラボからの「事業者変更」の場合は対象外です。しかし、事務手数料を払って、工事不要のケースが多いです。

また、光電話や光テレビといったオプションサービスの利用に必要な工事費、土日祝日の追加工事費、契約時の事務手数料などは割引対象外です。

ただしOCN以外のプロバイダでも特典は併用可能です。お得なキャッシュバックやキャンペーンを比較したい人は、以下の記事を見てみましょう。

関連記事

▶ドコモ光のキャッシュバックとキャンペーンを徹底比較!

ドコモ光のプロバイダをOCNにする際の3つの注意点

注目ポイントを挙げている女の子

OCNを利用する際の注意点

  • ①対応ルーターを使わないと速度が遅い
  • ②高速通信するならルーター購入が必須
  • ③OCNよりも優れたプロバイダがある

続けて、以下で3つの注意点について解説します。

①対応ルーターを使わないと速度が遅い

回線速度が遅くてイライラしている人

OCNは対応ルーターを利用しないと回線速度が遅いです。

そもそもドコモ光は、フレッツ光の回線網を使っている光コラボです。光コラボは、複数の業者と回線を共同利用するため、混雑や遅延の頻度が高いです。

対応ルーターを使ってIPv4 over IPv6(IPoE)を利用した場合と、しなかった場合の平均速度を比べてみました。

下り 上り
対応ルーター
利用あり
300Mbps 186Mbps
対応ルーター
利用なし
176Mbps 162Mbps

上記のとおり高速通信に対応しているルーターを利用しているほうが速いです。

ドコモ光や、プロバイダをOCNにしていて「遅い」と書かれている口コミは、速い接続方式を利用していない可能性が高いです。

遅いと思ったら、IPv4 over IPv6(IPoE)で接続できているかを調べましょう。IPv6で接続できているかは「test-IPv6.com」にアクセスするだけでわかります。

②高速通信するならルーター購入が必須

ドコモ光×OCNで高速通信を利用するなら対応ルーターの購入がほぼ必須です。2022年3月31日までに申し込んでいないとルーターを無料レンタルできないからです。

これからOCN forドコモ光を利用する人は、ルーターを購入するお金がかかります。ルーターはOCNバーチャルコネクトというサービスに対応しているものを買いましょう。

購入前に、NTTコミュケーションズ公式の「OCNバーチャルコネクト対応ルーター一覧」を確認しましょう。

ただし、v6アルファでルーターを無料レンタルしている場合や、対応するホームゲートウェイ機器をレンタルしている場合は購入不要です。

③OCNよりも優れたプロバイダがある

なにかを調べているイラスト

実は、OCNはドコモ光の中で最も良いプロバイダではありません。他プロバイダの通信速度のほうが速く、月額料金が高いタイプBだからです。

ドコモ光のプロバイダの中で、最もおすすめなのは「GMOとくとくBB」です!GMOとくとくBBは、OCNよりも回線速度が速いうえに、月額料金が安いタイプAです。

さらに、GMOとくとくBB独自のキャンペーンでは、オプション契約の必要なく51,000円のキャッシュバックを貰えます。また、ドコモ光が公式で提供しているキャンペーンも併用できます!

ドコモ光×GMOとくとくBB
ドコモ光×GMOとくとくBB
⇒おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB!

▼ドコモ光×GMOとくとくBBの特徴
・タイプAなので月額料金が安い
・選べるプロバイダ23社の中で回線速度が最速
当サイト限定!オプション不要で51,000円!
・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
\たった1分!簡単申し込み!/
7月21日までの期間限定
\キャッシュバック1,000円増額中!/
11月30日までの限定キャンペーン実施中!
抽選で200名にPayPayポイント5千円分が当たる!

ドコモ光×OCNの申し込み方法

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光のプロバイダでOCNを使いたい人は、OCNの「公式サイト」から申し込みできます。

ただし、はじめて光回線を利用する人(新規)と、フレッツ光や光コラボから乗り換える(転用・事業者変更)で申し込み方法が違います。

以下の3つから、自分に当てはまる手順をタップして確認してください!

ちなみに、GMOとくとくBBで申し込む場合でも、手続きの流れはほとんど同じです。窓口を「GMOとくとくBB」の公式サイトにするだけです。

新規契約の申し込み手順

新規契約までの流れ

  1. ①OCNからドコモ光に申し込む
  2. ②申込みの確認電話を受けて工事日を決める
  3. ③郵送物を受け取る
  4. ④開通工事日に立ち会う

①OCNからドコモ光に申し込む

ドコモ光でOCNを使いたい場合は、OCNの公式サイト「OCN forドコモ光」から申し込みましょう。

「Webでお申し込み」ボタンを押すと、申し込みフォームの入力画面に切り替わります。フォームにある項目全てを入力して、確定してください。

②工事希望日を決める

フォーム登録の内容に相違がないか確認するため、OCNから電話が来ます。問題なければ契約が進み、数日後に郵送物が届きます。

この電話の時点で、工事の希望日程を伝え忘れないようにしましょう。

③郵送物を受け取る

後日送られてくる郵送物を受け取ります。郵送物は契約に関する内容書面や、工事に必要な機器などが届きます。機器は工事当日に利用する物なので、工事日前には受け取りましょう。

もし、工事日程などを変更したい・キャンセルしたい場合は、工事2日前の20時までにドコモ光サービスセンターに連絡しましょう。変更費用は無料です。

ドコモ光サービスセンター (ドコモの携帯は15715)
0120-766-156

④開通工事に立ち会う

新規契約の場合、必ず立ち会いが必要です。室内と屋外の工事をします。立ち会う人は、代理人でも問題ありません。

工事は1~2時間前後で終わりますが、トラブル回避のために、半日は空けておきましょう。

開通工事が終わったら、通信機器の設定をします。機器の設定が終われば、ネットが使えます。

転用や事業者変更の申し込み手順

転用の解説イラスト

転用や事業者変更の流れ

  1. ①承諾番号を取得する
  2. ②OCN forドコモ光に申し込む
  3. ③回線切り替え後の機器設定をする

フレッツ光から乗り換えをする場合は転用、光コラボから変更する際は事業者変更になります。手続きの名前は異なりますが、ほとんど違いはありません。

どちらも工事費用はかかりませんが、事務手数料の3,300円はかかります。

また、他社からの乗り換えでも、使っていた回線がフレッツ光や光コラボではない業者の場合、新規契約になります。

以下の回線が新規契約に該当します。NTTの回線設備を使わないので、事業者変更に対応していません。

新規契約の扱いになる光回線一覧

NURO光/auひかり/eo光/BBIQ光/ピカラ光/コミュファ光/メガ・エッグ

①承諾番号を取得する

転用や事業者変更の手続きをするには、承諾番号を取得する必要があります。承諾番号は、利用している光回線のホームページや、電話で取得できます。

ちなみに、フレッツ光からの転用は、NTT東西の連絡先から手続きできます。電話受付は9~17時で、土日・祝日も手続き可能です。

NTT東日本 0120-140-202
NTT西日本 0120-553-104

事業者変更は、乗り換え前の光回線事業者へ連絡して番号を取得します。

承諾番号の有効期限は、発行日含めた15日間なので、番号発行ができたら、早めに申し込みましょう。期限ギリギリだと、有効期限内に手続きできない場合があります。

②OCN forドコモ光に申し込む

承諾番号を発行したら「OCN forドコモ光」に申し込みましょう。転用や事業者変更の場合は、電話窓口で手続きするとスムーズに話が進みます。

OCN forドコモ光受付窓口 0120-982-379

電話窓口に繋いだら、転用または、事業者変更で申し込みしたいと伝えましょう。電話手続きに承諾番号が必要です。

手続きから数日すると「開通のご案内」が届きます。切り替え日時について記載があるので、必ず確認しましょう。

③回線切り替え後の機器設定をする

回線の切り替え日になったら、ルーターやホームゲートウェイなどの通信機器の設定をしてください。詳しい設定方法については、開通の案内と一緒に同封されています。

説明書どおりに通信機器の設定を終わらせれば、ネットが使えるようになります。

プロバイダ変更をする手順

プロバイダ変更の手順

  1. ①プロバイダ変更の手続きをする
  2. ②切り替え日にルーターを設定する

厳密には事業者変更の手続きに該当しますが、承諾番号の発行が不要です。同じドコモ光のサービス内で変更するだけだからです。

切り替えまでにかかる期間は、申し込みから10日~2週間です。

①プロバイダ変更の手続きをする

プロバイダ変更は、ドコモ光の窓口に連絡すればできます。以下の電話窓口に連絡すると、15分程度で手続きが完了します。

ドコモ
インフォメーションセンター
(ドコモの携帯は151)
0120-800-000

電話が繋がったら「7→1→3」の順にダイヤルすると、プロバイダ変更の窓口に繋がります。窓口のオペレーターに、OCNにプロバイダ変更したい旨を伝えましょう。

ちなみに、手続きにはドコモ光の契約IDか、ドコモ携帯のネットワーク暗証番号が必要です。

ドコモショップでも受付可能ですが、おすすめしません。本人の代わりにスタッフがインフォメーションセンターに変更依頼するだけだからです。自分で電話するより時間がかかります。

手続きを終えると、数日後に「開通のご案内」が届きます。案内には、プロバイダが切り替わる日が記載されています。

②切り替え日にルーターを設定する

プロバイダの切り替え日に、ルーターやホームゲートウェイの設定をしましょう。設定を変更しないと、インターネットに繋がりません。

詳しい設定手順は「開通のご案内」に同封されています。設定が完了すると、インターネットに繋がるようになります。


おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のキャンペーン比較!乗り換えや新規でキャッシュバックなどの特典がお得な窓口は?
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全23社の料金・速度・特典などサービスを徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミは悪い?料金や速度などのメリットデメリットを徹底解説!
記事を読む
おすすめ人気記事
「ドコモ光-キャンペーン」のアイキャッチ
】ドコモ光のキャンペーン比較!乗り換えや新規でキャッシュバックなどの特典がお得な窓口は?
記事を読む
ドコモ光のおすすめプロバイダのアイキャッチ
ドコモ光のおすすめプロバイダは?全21社の料金・速度・特典などサービスを徹底比較!
記事を読む
ドコモ光の評判や口コミのアイキャッチ
ドコモ光の評判や口コミは悪い?料金や速度などのメリットデメリットを徹底解説!
記事を読む

開通後の設定方法

ONUや周りの機器をつないだ図

まず、ホームゲートウェイ(ONU)やWi-Fiルーターなどが郵送で届いたら、LANケーブルで機器接続をしましょう。

繋げる順序は「光コンセント→ホームゲートウェイ(ONU)→Wi-Fiルーター」の順です。

機器同士をLANケーブルで接続したら、ルーターの接続設定をします。Wi-Fiルーターの設定画面を開いて、届いた書面に記載されているユーザーIDとOCNのパスワードを入力してください。

設定画面の操作方法については、同封されている説明書に詳しく書いてあります。

村野さん 村野
Wi-Fiルーターを自分で購入する人は、開通日にあわせて買っておきましょう。

Wi-Fiの設定方法

パソコンやスマホをWi-Fiで接続したい場合は、端末側でもWi-Fiの接続設定をします。

はじめにルーターの側面にSSIDが書かれているので、内容を確認してください。初期設定では、Wi-Fiのアクセスポイント名は、側面に記載してあるSSIDが使われています。

バッファローのルーターは裏にアクセスポイント名とパスワードが記載してある

次に、スマホの設定画面で周囲のWi-Fiを調べてください。スマホのWi-Fiリストに、ルーターの側面に記載してあるSSIDと同じ接続先が出てきます。

もし、2種類あれば「5Ghz」と記載されているほうを選びましょう。2.4Ghzで接続するよりも5Ghzで接続したほうが速いです。

接続先を選択すると、パスワードの入力画面が表示されます。ルーターの側面に記載してあるパスワードを入力してください。パスワードの入力を終えると、Wi-Fi通信を利用できます。

ちなみに、ルーター側と端末にAOSSやらくらく無線スタートの機能があれば、ルーターの設定ボタンを押すだけでWi-Fi接続が可能です。

SSIDとパスワード設定時の注意点

Wi-Fiの接続先名SSIDと、パスワードは任意の文字列に変更できます。

ただし、SSIDは外部の人からも見えるものなので、個人が特定できる情報やパスワードと同じ文字列を入れないようにしてください。

また、パスワードもわかりやすいものにしてしまうと、不正アクセスされる原因になります。「password」や「123456」などの文字列は使わないようにしましょう。

OCN forドコモ光の問い合わせ窓口

問い合わせの電話をかけているイラスト

ドコモ光の利用で不明点やトラブルがあれば、ドコモ光とOCNのサポートを受けられます。

どちらの窓口に連絡しても答えてくれますが、問い合わせ内容によっては、スムーズに進まない可能性があります。問い合わせの内容別に連絡先をまとめたので、参考にしてください。

問い合わせ内容 受付窓口 電話番号
契約前の相談 OCN 0120-982-379
新規契約手続き
転用/事業者変更手続き
プロバイダ変更手続き ドコモ光 0120-800-000
開通工事など
回線の料金など
光電話や光テレビなど
NTT機器の故障
解約手続き
ルーターの設定や故障 OCN 0120-506506
オプション関連
(プロバイダ側)
訪問サポート申し込み 0120-047-860

OCNに問い合わせをする際は、OCN会員登録証にあるユーザーIDや、契約時に登録した電話番号の情報が必要です。手元に用意してから、電話をかけましょう。

プロバイダの提供サービスはOCNに問い合わせる

OCNが独自に提供しているオプションについては、ドコモ光では対応できません。

以下の独自サービスについては、OCNに問い合わせましょう。

OCNに問い合わせが必要なオプション

  • ・無料レンタルルーター
  • ・ひかりTV for OCN
  • ・セキュリティ対策ソフト
  • ・メールサービス

ちなみに、テレビサービスは2種類ありますが、地デジ・BSの番組を視聴するための光テレビのサービスはドコモのサービスです。

ひかりTV for OCNは、パソコンやスマホで映画やアニメが見放題になるサービスなので間違えないようにしましょう。

解約時はルーターを借りている時だけOCNへ連絡が必要

ドコモ光で解約手続きをすると、自動的にOCNのサービスも解約されます。オプションに加入していても、個別に連絡は不要です。

ただし、OCNでルーターをレンタルしている場合は、解約時に返送が必要です。返送先や、費用についてはOCN側に問い合わせましょう。

OCNの連絡先

電話番号:0120-506506
営業時間:10~19時 (日曜・祝日・年末年始除く)

ドコモ光で最もおすすめなプロバイダはGMOとくとくBB

おすすめする女の子

ドコモ光は、21社の中から好きなプロバイダを選択できるのが特徴の光回線です。その中で最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • タイプAで月額料金が安い
  • 平均速度がトップクラスに速い
  • 最大51,000円のキャッシュバック
  • ④高性能Wi-Fiルーターが無料
  • ⑤ウイルス対策ソフトが1年間無料
  • ⑥高速通信が可能な10Gプランに対応

重要なのは「料金の安さ」「速度の速さ」「キャッシュバックの有無」です。プロバイダの選択次第で、大きく変わってしまうからです。

以下の一覧では、ドコモ光で契約できるプロバイダ21社を徹底的に比較しました。横にスクロールできるので、プロバイダごとの違いを比べてみてください。

プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス対応 ルーターの
無料レンタル
モバイルWiFi
レンタル
キャッシュバック セキュリティ
ソフト
設定サポート
GMOとくとくBBのロゴ おすすめ度は高い A 305Mbps ○のアイコン ○のアイコン ○のアイコン 51,000円 12ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度は平均的 A 214Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 20,000円 12ヶ月 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 A 270Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
OCNインターネット A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 200Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 253Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 初回無料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 251Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 257Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 36ヶ月
無料
初回無料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 282Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 10,010円
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 180Mbps IPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A IPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 253Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 138Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 272Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B PPPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 2ヶ月無料
plalaのロゴ ※受付終了 A 289Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 15,000円 24ヶ月 初回無料
ドコモnetのロゴ ※受付終了 A 312Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 6,600円~
OCNのロゴ ※受付終了 B 275Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 20,000円 12ヶ月 初回無料
COARAのロゴ ※受付終了

もっと見る

プロバイダ おすすめ度 タイプ 平均速度 v6プラス対応 ルーターの
無料レンタル
モバイルWiFiレンタル キャッシュ
バック
セキュリティ
ソフト
設定サポート
GMOとくとくBBのロゴ おすすめ度は高い A 305Mbps ○のアイコン ○のアイコン ○のアイコン 51,000円 12ヶ月 初回無料
@niftyのロゴ おすすめ度は平均的 A 214Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 20,000円 12ヶ月 初回無料
BIGLOBEのロゴ おすすめ度は平均的 A 270Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
OCNインターネット A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
andlineのロゴ おすすめ度は平均的 A 200Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月
hi-hoのロゴ おすすめ度は平均的 A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
SISのロゴ おすすめ度は平均的 A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 初回無料
Tigers-netのロゴ おすすめ度は平均的 A 253Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 初回無料
DTIのロゴ 総合評価がやや悪い A 251Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
BB.exciteのロゴ 総合評価がやや悪い A 257Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 36ヶ月
無料
初回無料
エディオンネットのロゴ 総合評価がやや悪い A 282Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 10,010円
楽天ブロードバンドのロゴ 総合評価がやや悪い A 180Mbps IPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
Ic-netのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 永年 36ヶ月無料
SYNAPSEのロゴ 総合評価がやや悪い A IPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
TikiTikiのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
@ネスクのロゴ 総合評価がやや悪い A ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
@TCOMのロゴ おすすめ度はやや高い B 253Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 初回無料
WAKWAKのロゴ おすすめ度はやや高い B 138Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 有料
@ちゃんぷるネットのロゴ おすすめ度はやや高い B ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 12ヶ月無料
AsahiNetのロゴ おすすめ度はやや高い B 272Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン
TNCのロゴ おすすめ度はやや高い B PPPoEのみ ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 2ヶ月無料
plalaのロゴ ※受付終了 A 289Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 15,000円 24ヶ月 初回無料
ドコモnetのロゴ ※受付終了 A 312Mbps ○のアイコン ×のアイコン ×のアイコン 12ヶ月 6,600円~
OCNのロゴ ※受付終了 B 275Mbps ○のアイコン ○のアイコン ×のアイコン 20,000円 12ヶ月 初回無料
COARAのロゴ ※受付終了

もっと見る

プロバイダで料金や回線速度、キャンペーンが変わります。通信速度が最も速いプロバイダはGMOとくとくBBです。さらに月額料金が安いタイプAです。

また、キャンペーンでは最大51,000円の現金がもらえます。ドコモ光のプロバイダは、月額料金と速度、キャンペーン特典のすべてが良いGMOとくとくBBがおすすめです。

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番お得

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要で51,000円になる

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ④開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑤他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • 7/21まで限定キャンペーン実施中
  • ④高性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元
  • 最もお得!51,000円キャッシュバック
  • 開通工事費が無料になる
  • ③11/30まで期間限定キャンペーン実施中
  • ④性能WiFiルーターが無料レンタルできる
  • ⑤開通までモバイルWiFiがタダで使える
  • ⑥他社からの乗り換えなら15,000円追加還元

当サイト限定窓口なら51,000円キャッシュバックがオプションなしで貰える

キャッシュバック オプション
GMOとくとくBB
(当サイト限定)
51,000円 不要
NN
コミュニケーションズ
40,000円 不要
ドコモオンライン
コンシェルジュ
30,000円 不要
@nifty 20,000円 不要
ディーナビ 10,000円 必要

さらに7月21日までの期間限定で、キャッシュバックが1,000円増額になるボーナスキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに11月1日~30日の期間限定で、抽選で200名にPayPayポイント5,000円分が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBB大感謝際!抽選で200名にPayPayポイント5,000円分プレゼント

お得にドコモ光を契約したい人は、還元額が圧倒的に高く、受け取りのハードルが低いGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中限定キャンペーンサイトを見る

面倒な手続き不要!申請はメールで完結

申請方法
GMOとくとくBB
(当サイト限定)
メール
NN
コミュニケーションズ
電話
ドコモオンライン
コンシェルジュ
メール
@nifty メール
ディーナビ 電話+メール

GMOとくとくBBのキャッシュバック手続きは、開通後に届くメールで振込口座を登録するだけで完了します。

代理店の中には、メール+書面など複数の手続きが必要な場合があります。申請方法が複雑なほど、キャッシュバックを受け取り損ねる可能性が高くなります。

ドコモ光を契約するなら、余計な手続き不要でお得な特典が貰えるGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ドコモ光-GMOとくとくBB 当サイトなら51,000円&工事費無料
開通までモバイルWiFiが無料
他社乗り換えなら15,000円追加還元
7/21まで限定キャンペーン実施中
11/30まで限定キャンペーン実施中限定キャンペーンサイトを見る

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWiFiが無料で使える7/21まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
最大47,000円キャッシュバック
開通工事費が実質無料になる
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口
auひかりauひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大94,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い
7/21まで限定キャンペーン実施中
一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光とくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
最大126,000円還元(7/31まで) 一番お得なキャンペーン窓口

光回線を契約するなら使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

【2024年7月】一番人気はドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
51,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!回線速度は下り最大2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと60,000円分の特典がもらえるのも大きな魅力です。

5/19まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
5/19までお得な割引実施中!
\さらに無条件で60,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で60,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならGMO WiMAX

GMOとくとくBBWiMAX

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。無線通信を利用したネット回線で、日本全国どこでも利用できます。

工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。また、最短で申し込みの翌日に端末が届きます

さらに、高額キャッシュバックや月額料金の割引キャンペーンを実施しています。手軽かつお得にネット環境を揃えるなら、GMOとくとくBB WiMAXを契約しましょう。

\最大75,000円のキャッシュバック!/
最大75,000円キャッシュバック!
\さらに7月21日までの3日間は増額中/
GMOとくとくBB WiMAXはこちら

※当サイトの掲載情報は、総務省ならびに各通信事業者の公開情報、実際の利用者から収集したアンケート結果などの客観的事実を根拠に作成しています。正確な情報を掲載するよう万全の体制を整えておりますが、情報の最新性や正確性を保証するものではございません。
※ご契約の際は、各事業者のホームページをご自身で確認のうえお申し込みください。また、不明な点については、各サービスの提供元へお問い合わせください。
※紹介している通信サービスはすべてベストエフォート型です。事業者が公表する最大通信速度は
理論上の数値であり、実際の速度を保証するものではございません。
※回線速度は、当サイトの検証結果および速度計測サイトの投稿内容に基づく数値を掲載しています。実測値は利用する時間帯や地域、設備などの影響を受けて変動するため、同じサービスを契約した場合でも同様の速度が出るとは限りません。
※当サイトに掲載しているコンテンツおよびランキングは、消費者庁景品表示法(ステマ規制)に則った当サイトのコンテンツおよびランキング作成に関する方針に基づいて作成しています。

ドコモ光の記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー