ヒトラー演説の黒すぎる心理術

演説している人の画像

教科書やテレビなどで、観衆を前に大げさな身振り手振りで演説するヒトラーの姿は見たことがあると思います。

演説では、大衆の心を意のままに操る様々な心理テクニックを見てとることができます。世界の歴史に名を刻んだ「アドルフ・ヒトラー」の心理術を、3つの項目に分けてご紹介します。

1.黄昏時効果

黄昏時効果とは、人間の思考や判断能力は、夕方になると疲労や周囲の暗さなどが相まって低下することを指します。

ヒトラーは、思考力が鈍ることで周囲の意見に巻き込まれやすい黄昏時に演説を行うことで、自分の意見は正しいと大衆に思わせていたと言われています。

黄昏時効 (Twilight effect) とは、光の照射量が減少する黄昏時間帯に人々の感情や行動に対する影響を指します。これは、光の照射量が減少することにより、人々の体内でメラトニンの産生が促進され、リラックス効果や睡眠効果などが生じると考えられています。

ChatGPT

2.単純接触

単純接触とは、演説中に同じフレーズを何度も繰り返し語ることを、心理学では単純接触やザイアンス効果と呼びます。

大衆に自らの意見を覚えこませるために、特定のフレーズを繰り返し与えることで、そのフレーズの警戒心を解き、逆に好意を抱かせるテクニックを駆使しました。

さらに、同じテーマを違う角度や、違う言い回しで繰り返し訴えかけることで、大衆を飽きさせないようにしていました。

3.誤前提暗示

誤前提暗示とは、それ以外の選択肢もあるにも関わらず、与えられた選択肢の中で、物事を判断してしまいやすい心理状態のことを誤前提暗示と呼びます。

ヒトラーは、大衆に対して二者択一法も頻繁に行いました。

例えば…

「戦争か平和か」

「ユダヤ人に支配されるままなのか。それとも皆殺しにするのか。」

など、極端な選択肢ではありますが、まるでそれ以外に選択肢はないかのように大衆に迫り、誤前提暗示の心理状態にしていました。

アドルフ・ヒトラーとは

アドルフ・ヒトラーは、20世紀初頭のドイツの政治家・軍人です。彼はナチス・ドイツ労働者党Nazi Partyを率いて、1933年にドイツの首相に就任しました。彼のリーダーシップと政治思想は、国家統一、民族主義、植民地主義などを掲げていました。

彼は、第二次世界大戦を引き起こし、数百万人が犠牲になった大規模な戦争を引き起こしました。また、ユダヤ人や他のマイノリティグループなどを差別し、劣等な存在と見なすことから、ホロコーストが起こりました。これは、ユダヤ人などの殺害を企てる大規模な犯罪であり、数百万人が犠牲になりました。

1945年、第二次世界大戦が終結し、ナチス・ドイツは敗戦国となりました。アドルフ・ヒトラーは、戦争終結直後に自殺しました。彼の政治思想とリーダーシップは、人類史上最も残虐なものの1つとされています。

ChatGPTによるアドルフ・ヒトラーの解説です。

心理学を用いたテクニックの参考記事

関連記事

商品知識の覚え方

商品知識の覚え方

商品知識を覚えることは、営業として当たり前のことです。商品知識の覚え方について、コツを紹介します。 自社や他社の商品を覚えることは基本で…

営業
2024.05.06
営業を科学する【営業の原理原則】

営業を科学する【営業の原理原則】

営業は、根性でやるものではありません。営業を分解し、科学することで絶対に売れるようになります。 営業はプロセスを切り分けることで、各プロ…

営業
2024.05.06
営業資料の作り方

営業資料の作り方

営業資料の作成は、苦手意識を持つ人が多い分野です。 入社時に、資料作成を研修してくれる企業は数が少なく、体系化されたテクニックが社内でノ…

営業
2024.05.06